転職で介護の求人を検索するときの注意点

介護サービスを提供する仕事には、入居型の介護施設や日中だけ施設に来てもらいサービスを提供するデイサービス、サービスを受けたい人の自宅へ訪問してサービスを提供するものなど様々な仕事があります。
また、介護タクシーや福祉タクシーと呼ばれるものや、デイサービスでの送迎を担当するドライバーなどもあり、この仕事の求人も多く出ています。



介護の求人の雇用形態としては、正社員、契約社員、派遣社員、パート勤務等があります。


以前は人で不足な状態のために売り手市場であったのが、離職率が高くなったために長く働いてくれる人だけを採用する傾向に変わってきています。

そのため、求人に応募しても長く働く意思があるかどうかで、採否が決まりますので予め自分に適した仕事かどうか、よく仕事内容や職場環境を調べてから応募する必要があります。また、多くの施設では職員に長く働いてもらいたいために、職場見学を実施している場合も多くあります。



採用面接の際に一緒に職場見学をさせてくれるとこともありますが、本来の職場見学の趣旨から考えれば、応募前に応募希望者へ施設内を見学させてくれるところが、慎重に採用することを考えていると判断できます。

また、介護の仕事に関連する資格を事前に取得可能であれば、資格を取得してから応募すると採用面でも待遇面でも有利になる場合が多くあります。


国家資格などでは実務経験などの受験資格も問われるため、実務経験がなくても取得できる資格から取得することもポイントです。